スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bob Dylan 東京公演 Zepp Tokyo

昨夜のボブ・ディラン公演、胸が震えた。
いやあ僕は正直、ボブ・ディランをほとんど聴いたことがないのです。十年以上前にベストをレンタルして、ふぅ~んとか思って、それ以来ちょっと耳に入ってもやっぱり面白くないなという印象だった。
友人の岳琉さんに来日公演があるからと誘ってもらって、生で観るとなるともうこれが最後の機会になるかもしれないし一度観てみようというディラン狂の方々には申し訳ない動機で観に行ったんだけれども、行って良かった。
ちなみに1曲も知ってる曲はなかった!
始まった瞬間、大盛り上がりを見せた「Like A Rolling Stone」さえ最後まで何の曲か分からなかった!

スタンディングで立ったポジションがボブディラン側でなかなか近かったので終始ボブさんの表情までよく見えた。
ボブさんのボーカルがしゃがれてるんだけど張りがあって声を短く切って曲を引っ張っていく感じがとてもグルーヴィーでセクシーで酔いしれてしまった。ハーモニカもCDで聴いたことある印象とは違ってすごく存在感のある音色。エレキのギターソロも若干ヨレヨレなんだけど、その独特なリズム感が何ともいえずセクシーでやられた。
でもエレキを弾いたのは1曲だけでボブさんはオルガン主体でバンドと白熱のジャムセッションを繰り広げてました。
ボブ・ディランを“フォーク”の人だと思っていたけど、熱いロックンローラーだった。
バンドメンバーみんな黒いスーツでビシッと決めていて見た目がカッコ良かったなあ。
チケット代も安くはないので期待していたけど、全然思ったのとは違った予想外なんだけれども実に良いステージが観れた。

アンコールが終了してメンバーが並んでライトが当たったボブさんの表情が渋かったぞ。両手を胸の前まで挙げて何をするんだろうと思ったら、お辞儀もせず去ってしまった。謎な人だ。皆そういう所に惹かれるのかな。

これを機にボブ・ディランという人に興味が湧いたので何か伝記のような本を探してみよう。

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

インフォメーション

☆今後のライブ情報☆

5月23日(日)

下北沢LOFT

『下北沢フォーク村』 vol,2
OPEN 18:30
START 19:00 
チャージ ¥2000(1ドリンクつき)
出演ほか:佐土原武志、しま田ようへい


5月28日(金)

幡ヶ谷36°5

YUJI&高木智久presents??『お粥熱 vol.2』
OPEN 18:00
START 18:30 
チャージ ¥2000(1ドリンクつき)
出演ほか:YUJI、高木智久、森岡洸太、ぽたら
プロフィール

下釜一臣

Author:下釜一臣
1983年2月5日生まれ。
神奈川県出身。
シンガーソングライター。

主に70年代のアメリカ、イギリス、日本のフォークに影響を受けつつ。

現在、下北沢LOFTを中心に活動中。


1stアルバム完成!


”時のかけら” 




1. 想い
2. 道
3. farewell
4. きみの街まで
5. ひばりとほたる
6. 時のかけら 
7. 黄昏
8. いつか晴れる
9. 流れ星
10. 雨上がり

¥1000

ご購入はライブ会場、
もしくはこちらをクリック

試聴はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。