スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここんとこ。

今週はライブを3つ観に行った。最近はあんまり観に行かなくなってたのでアクティブすぎるなこれは。
土曜は町田万象房に居相毅さんのブルースハープを聴きに。
下北沢LOFTでBGMで流れているブルースハープのインスト曲にビビビときて、それが居相さんだったというわけです。
HPから注文したらとても丁寧なメッセージ付きで送られてきて感動した記憶があるなー。でもそれももう2年も前のことなのに居相さんは覚えてくれてたみたい。嬉しい。そしてあの音が生で流れてきてやっぱり生演奏はさらに素敵だった。
今回はシンガーソングライター、佐土原武志さんのサポートで、佐土原さんは外見はおっとりされてるので僕のように静かめなのが多いのかなと思いきや激しく歌い回す場面もある、パッション溢れる歌い手さんでした。終演後に少しお話してもとても情熱溢れる、パッション溢れるお人柄でまたお会いしたいなと思ったのでした。うんパッションは野心に次ぐ言葉になるかもしれない。でもあんまり使いまくるとみっともないので程々にしよう。

そして昨夜は下北沢440に安宅浩司さんを観に行った。
ニューアルバムからの曲が中心であったかい唄とギターが満載だった。特にボトルネックを使うと最高に素敵だな。
共演の中村まりさんもギター弾き語りなんだけれど、一般的な女性の弾き語りのような綺麗さや美しさというよりブルースが根っこにある泥臭い渋い演奏をする珍しい方だった。全部英語詩なんだけど声質が英語と合っていて違和感がなかった。Blind Willie MctellやBob Dylanのカバーも卓越したギター演奏と歌で素晴らしかったぞ。

いいものみた。

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

Bob Dylan 東京公演 Zepp Tokyo

昨夜のボブ・ディラン公演、胸が震えた。
いやあ僕は正直、ボブ・ディランをほとんど聴いたことがないのです。十年以上前にベストをレンタルして、ふぅ~んとか思って、それ以来ちょっと耳に入ってもやっぱり面白くないなという印象だった。
友人の岳琉さんに来日公演があるからと誘ってもらって、生で観るとなるともうこれが最後の機会になるかもしれないし一度観てみようというディラン狂の方々には申し訳ない動機で観に行ったんだけれども、行って良かった。
ちなみに1曲も知ってる曲はなかった!
始まった瞬間、大盛り上がりを見せた「Like A Rolling Stone」さえ最後まで何の曲か分からなかった!

スタンディングで立ったポジションがボブディラン側でなかなか近かったので終始ボブさんの表情までよく見えた。
ボブさんのボーカルがしゃがれてるんだけど張りがあって声を短く切って曲を引っ張っていく感じがとてもグルーヴィーでセクシーで酔いしれてしまった。ハーモニカもCDで聴いたことある印象とは違ってすごく存在感のある音色。エレキのギターソロも若干ヨレヨレなんだけど、その独特なリズム感が何ともいえずセクシーでやられた。
でもエレキを弾いたのは1曲だけでボブさんはオルガン主体でバンドと白熱のジャムセッションを繰り広げてました。
ボブ・ディランを“フォーク”の人だと思っていたけど、熱いロックンローラーだった。
バンドメンバーみんな黒いスーツでビシッと決めていて見た目がカッコ良かったなあ。
チケット代も安くはないので期待していたけど、全然思ったのとは違った予想外なんだけれども実に良いステージが観れた。

アンコールが終了してメンバーが並んでライトが当たったボブさんの表情が渋かったぞ。両手を胸の前まで挙げて何をするんだろうと思ったら、お辞儀もせず去ってしまった。謎な人だ。皆そういう所に惹かれるのかな。

これを機にボブ・ディランという人に興味が湧いたので何か伝記のような本を探してみよう。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

3F最終回。

Twitterをやってるとブログを書かなくなるな。
昨夜は3F最終回に行ってまいりました。
毎月やってるから来月行こうとか思って行かない時もあったりしたけれど、時間は刻々と進んでいってることをしっかり感じてなきゃいけないんだな。
それにしても最後にふさわしく皆さんすごいエネルギーに満ち溢れてたな~。
お酒を飲むとどうしても眠くなってしまうので、途中から目がしょぼしょぼになってきてしまったけれど3Fに携わった人々の演奏が次から次へと続いてとても楽しすぎる時間だった。
今までは主催のはっとさん、大矢さんが色々と動いてくれてそのおかげで色々な素敵な方々と繋がることができたわけだけれど、これからは見習って自分から働きかけていかなければならないぞ。
はっとさん、大矢修司さん有難うございました!9年間お疲れ様でした。


明日はZepp Tokyoへボブ・ディランを観てくるぞ。
観てくると行っても色んな方のブログで「見えない!」という声が飛び交っているみたいだけど、見えなくてもボブ・ディランと同じ空間を共にするということだけで素晴らしいのです。と明日がっかりしないように前もって思っておこう。


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

Twitterに登録したよ。

http://twitter.com/shimogama

これは使い方のサイトを見てみると、なになに「とにかくまずはいろんなユーザーをフォローしてみましょう。最初の目安としては 100人くらいを目標にフォローしてみるのがいいと思います。」

なるほどとりあえずフォローしてみるのがいいのか。
えーでも全然知らない人をどんどん加えていくのに少し抵抗があるぞ。
なので鳩山総理をフォローしてみた。

どなたか僕をフォローしてみてください。



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

秋葉原トリオンプでした♪

昨夜は秋葉原トリオンプでした♪
雨が結構振って雪も降り積もる中、皆々様有難うございました!!

『草食系男子3人のあったかいライブ』という企画名通り、あったかい良いライブになりました。
あんまりガツガツできない性格なのか居心地が非常に良かったです。
それでいてトップに演奏したGT石井さんは、MCで「いつか女性にモテたいという野心があります」と語って、いやあ。。。もうバッチリだ。僕は1人で興奮してました。

いつもは音響の方にあーだこーだ言えば万全にしてもらえるのを、PAなども自分たちでセッティングしてみるとライブをする環境によって色々と難しさもあるのだなと勉強になりました。

それにしても企画ライブってなると主催者の方の気持ちが大事なのだな。昨日のライブに出演できて良かった~と思えるのは主催者ほりぶんじさんの熱い思いと力量にあるわけです。そして相模大野レモンパイから運命の再会を果たしたGT石井さんともこれからも繋がってゆけたらなと思います。どうも有り難うございましたっ。




4月にまた大阪へ行くことが決まりました。
色々とまた久保田和之さんや、先日モナレコで一緒になった鈴木数字さんなどのおかげで3デイズが組めそうな感じです。

予定は

4月23日(金) 十三テハンノ
4月24日(土) かつおの遊び場
4月25日(日) 谷町九丁目ワンドロップ

そして26日(月)に京都拾得のオープンマイクにギリギリまで居座り、夜行で帰る。うん完璧な計画だ。


さて、この先ライブが1か月以上ないというのは何だか夏休み前の気持ちのようにぬおー何しようと燃える心持なのです。できることを精一杯やりましょう。路上をやって夜行バス代を稼ぐぞ。


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

明日は

秋葉原にてライブです。


3月9日(火)

秋葉原トリオンプ

『草食系な男子3人のあったかいライブ』

START 19:00 

¥1500円 + 1オーダー

出演ほか:ほりぶんじ、GT石井


春に向けて心温まる良いライブになる気配満々ですよ。
皆様のご来場お待ちしております!

map212.jpg




明日のライブが終ったら真剣に路上を中心にやってみようかなと思います。今までは誰かと一緒にストリートでやったことはあるけれど、一人だとなかなか勝手がわからないのでどうなることやら~。
路上は告知せずに気まぐれにやりたいぞ。これからの活動に良い効果が表れること期待したいな。


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

20世紀少年 最終章

『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』をDVDで観賞したー。
いやいやなかなか面白くなかったねこれは。
第2章までは勢いと緊張感もあって結構良かったのに、いきなり失速して胡散臭さたっぷりになってしまった。
原作の終盤の展開が既にあまり良くなかったので、映画は原作と異なるラストシーン!というのに魅かれて全部見続けてしまったけれど、やっぱりちょっと内容変えたとしても難しいよね。生む側の苦しみを考えず好き勝手いってしまうのも良くないけれど。

それでも“ともだち”の正体は原作より映画の方が分かりやすい設定で納得もできたな~。
そして主人公の遠藤ケンヂが途中、雪山で出会う男の顔をよく見たら、おお本物のエンケンだ。。
そういえば『不滅の男 エンケン』の映画、まだ観てないので観たくなったぞ。

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

下北沢mona recordsでした。

昨夜は下北沢mona recordsでした。
どうも皆様ありがとうございました!!

いやあ昨日は出演者さんもお客さんもあったかい雰囲気で非常に良い夜になりました。
ホッタモモさん、ototogiさんはどことなく異国の雰囲気がする歌唱と音色でした。ジュディ・シルのようだったといま思いついた!
フライやーとかもとても素敵でアイデアを盗みたいと企みつつあります。

そしてお会いする前からとても良いですよ~という噂を聞いていた鈴木数字さんは噂通り、そして僕が期待していた以上に素敵な人と音楽でした。
大阪のライブハウスやミュージシャンの話などで色々と盛り上がって、大阪へ次回行くのが一層楽しみになりました。
好きな音楽も似通っていて、おとといの安宅さんのライブに行こうとしてお互い行かなかったこととか何だか可笑しかったな~(笑)

僕のステージはといえばmona recordsで最後に出演するのは今回が初めてだったけれど、前の出演者さんの非常に良い空気のままステージへゆけました。そしてまさかのアンコールを頂きありがとうございました。
アンコールなんて自主企画の「野心家の夜」の思いきり儀礼的なものだけだったので、想定外すぎてギターのボリュームをゼロにしてたことを忘れて演奏を始めていました(~0~)
しかも間奏までそれに気がつかなかったんだから自分でも驚きですよ全く。どうにかボリュームを上げて無事終了しました。どうも有難うございました。



さあ次回のライブは秋葉原カフェトリオンプです。


3月9日(火)

秋葉原トリオンプ

START 19:00 

¥1500円 + 1オーダー

出演ほか:ほりぶんじ、GT石井



お友達の、ほりぶんじさんに嬉しくも誘って頂きました。
ほりさんは純度100%な良い声で純度100%な言葉を歌うのです。
これもきっと良い夜になること間違いなしですよ。
共演のGT石井さんていう方を検索してみたら、あれ見たことある人だ!
記憶をたどると、、今はなき相模大野のレモンパイというバーのアコギナイトで押尾コータローばりのギターを奏でていた方だと思いだしました。
おお世間は狭い。なので顔みしりパワー全開で良いライブにしたいぞ。


いーは


写真は鈴木数字さんに教えてもらった喫茶店「いーはとーぼ」の味わい深いコーヒーです。
大阪からいらして普通わたしが下北沢を案内するだろ!と思ったりもするんですが教えてもらっちゃいました♪
数字さん有難うございましたー。素敵な内装とコーヒーの味でした。


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

インフォメーション

☆今後のライブ情報☆

5月23日(日)

下北沢LOFT

『下北沢フォーク村』 vol,2
OPEN 18:30
START 19:00 
チャージ ¥2000(1ドリンクつき)
出演ほか:佐土原武志、しま田ようへい


5月28日(金)

幡ヶ谷36°5

YUJI&高木智久presents??『お粥熱 vol.2』
OPEN 18:00
START 18:30 
チャージ ¥2000(1ドリンクつき)
出演ほか:YUJI、高木智久、森岡洸太、ぽたら
プロフィール

下釜一臣

Author:下釜一臣
1983年2月5日生まれ。
神奈川県出身。
シンガーソングライター。

主に70年代のアメリカ、イギリス、日本のフォークに影響を受けつつ。

現在、下北沢LOFTを中心に活動中。


1stアルバム完成!


”時のかけら” 




1. 想い
2. 道
3. farewell
4. きみの街まで
5. ひばりとほたる
6. 時のかけら 
7. 黄昏
8. いつか晴れる
9. 流れ星
10. 雨上がり

¥1000

ご購入はライブ会場、
もしくはこちらをクリック

試聴はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。